一般演題募集

Ⅰ. 演題募集期間

2017年10月11日(水)〜 2017年 11月15日(水)
11月29日(水)まで延長いたしました。

締切日間近になりますとアクセスが集中して、接続しにくくなることがございますので、お早めにご登録ください。

Ⅱ. 募集資格

演題募集資格を変更しました。
非会員の方も演題登録できます。

筆頭演者は日本病院総合診療医学会会員に限ります。
ただし、初期研修医、学生については本学会会員でなくても応募いただけます。

非会員の方は、以下のURLより新入会手続の上、演題登録をお願いします。
http://hgm-japan.com/info/member.php

入会される方は上記URLより新入会の手続きを進めてください。
共同演者も会員であることが望ましいですが、必須ではありません。

公募演題の採否、発表セッション、発表形式の決定につきましては、学術総会事務局に一任ください。

Ⅲ. 育成賞

本学術総会では初期研修医、専攻医(卒業後3年目)、メディカルスタッフ、学生を対象とした「育成賞」を設立しております。
「育成賞」に応募される方は、本ページ下部の「演題登録はこちら」ボタンから、案内にしたがってご登録ください。

Ⅳ. 発表形式

一般演題の発表は、口演発表・ポスター発表のいずれかを選択してください。
(ただし会場の都合上、発表形式がご希望と異なる場合がございますので、予めご了承ください。)
公募演題の採否、発表セッション、発表形式の決定につきましては、学術総会事務局に一任ください。

Ⅴ. 演題登録方法

演題(会員発表)の募集は、すべてインターネットによるオンライン登録のみになります。
本ページ下部の「演題登録はこちら」ボタンから、案内にしたがってご登録ください。
操作方法については「演題登録はこちら」ボタン横の「演題登録マニュアル」をご参照ください。
演題登録後、締め切りまでは、登録内容の訂正が可能です。

【重要】必ずお読みください

「入力内容の保存方法、投稿の方法について」

保存』ボタンは、演題登録画面の最下部にございます。

保存』をクリック後、次画面で入力内容をご確認のうえ、必ず『保存確定』をクリックしてください。これで、入力内容が『保存』されます。
投稿時は、『投稿』ボタンをクリックし、次画面で入力内容をご確認のうえ、必ず『投稿確定』をクリックしてください。これで、演題が『投稿』されます。

Ⅵ. 登録規定

  • 1. 演題区分を選択してください。

     【公募演題】((1)の一般演題を登録される方は下記 2. 「演題カテゴリー」一覧から1つ選択してください)

    • (1)一般演題(口演またはポスター)
    • (2)シンポジウム2(口演、公募)/ 診断戦略開発カンファレンス 学会特別版:診断の思考過程を言語化する 詳細はこちら
    • (3)シンポジウム3(口演、公募)/ 新専門医制度~プログラム補完計画 詳細はこちら
    • (4)シンポジウム5(口演、公募)/ 地方で、都市で輝く総合診療医 (一部指定)詳細はこちら
      *演題数が多数の場合は、一般演題(口演かポスター)になる場合がございます。
    • 【指定演題】(下記 2.「演題カテゴリー」は選択不要です)

    • (1) 招請講演
    • (2) 特別講演
    • (3) 教育講演
    • (4) 教育セミナー
    • (5) シンポジウム(一部公募)
    • (6) ワークショップ
    • (7) 症例カンファレンス
    • (8) モーニングセミナー
    • (9) ランチョンセミナー

  • 2. 演題カテゴリー(公募演題の(1)一般演題を登録される方は以下のカテゴリーより1つ選択してください)
    1 症例報告
    2 救急医療
    3 地域医療
    4 臨床研究
    5 医学教育・研修医教育
    6 コメディカル・チーム医療
    7 診断学・臨床推論
    8 活動報告
    9 東洋医学・漢方
    10 その他

  • 3. 抄録は以下の要領にて作成してください。
    • 1)演題名: 全角50文字以内
    • 2)抄録本文: 全角800文字以内 ※制限文字数を超えると、登録できません。
    • 3)演者数(筆頭演者+共同演者): 20名まで
    • 4)所属施設数: 10施設まで

  • 4. 本文について

    本文は、目的、方法、結果、考察、結論の順に明記してください。
    小見出しの括弧は【 】を使用してください。

    <症例報告の場合>
    【症例:○○歳、○性】,【主訴】,【既往歴・既存症】,【現病歴】,【入院時現症】,【検査結果】,
    【経過】,【考察】,【結語】など小見出しを付けてください。

    <臨床研究の場合>
    【目的】,【方法】,【結果】,【考察】,【結論】などの小見出しを付けてください。

    <シンポジウムの場合>
    シンポジウムについては自由記載といたします。


  • 5. 入力時の注意事項
    •  1) Microsoft Wordの左下に表示される「文字数」は、正確な「全角」文字数より少なく表示される場合がありますので、演題名・本文とも末尾まで正しく登録されているか必ずご確認ください。
    •  2) 全角文字は1文字として、半角文字は1/2文字として数えます。
      アルファベットの直接入力は半角英数ですので、1/2文字となります。
    •  3) 半角カタカナ、丸数字、ローマ数字、特殊文字等の機種依存文字は使用できません。
    •  4) 英字および数字は、スペースを含め半角で入力してください。
    •  5) Microsoft Wordファイルで装飾した文字をそのままコピー&ペーストされると
      装飾<太字、イタリック、アンダーライン、上付き文字(例:Na+)や下付き文字(例:H2O)>が自動的に外れます。
    •  6) 装飾<太字、イタリック、アンダーライン、上付き文字(例:Na+)や下付き文字(例:H2O)>については、コピー&ペーストした後、抄録入力欄上部の編集パレットボタンをご使用の上、編集ください。
    •  7) 文字化けが発生し保存や投稿ができない場合は、お問い合わせ先へメールでご連絡ください。
    •  8) <SUP>などのタグは文字数には換算しません。
    •  9) 画像、写真、図表の添付はできません。
    • 10)倫理委員会の番号がお分かりの方は記載をお願いします。

Ⅶ. 利益相反(COI)の開示について

下記9項目の中に一つでも該当する項目がある方につきましては、スライド1枚目のタイトルページにてCOI状態を開示いただきますようお願いいたします。

  • 1. 企業や営利を目的とした団体からの報酬額
    1つの企業・団体から年間100万円以上あれば記載
  • 2. 株の保有と、その株から得られる利益
    1つの企業から年間100万円以上又は、当該株式の5%以上の保有があれば記載
  • 3. 特許権使用料として支払われた報酬額
    1つの企業・団体から年間100万円以上あれば記載
  • 4. 講演料
    1つの企業・団体から年間100万円以上あれば記載
  • 5. 原稿料
    1つの企業・団体から年間100万円以上あれば記載
  • 6. 研究費・助成金などの総額
    1つの企業・団体から年間200万円以上あれば記載
  • 7. 奨学寄附などの総額
    1つの企業・団体から年間200万円以上あれば記載
  • 8. 奨学寄附講座
    1つの企業・団体から年間10万円以上あれば記載
  • 9. 旅費・贈答品などの受領
    1つの企業・団体から年間10万円以上あれば記載

Ⅷ. 登録内容の確認・修正・削除

登録内容の修正は、登録期間中、「会員マイページ > 演題登録・編集ボタン」 より何度でも可能です。更新後は、必ず 『投稿確定ボタン をクリックしてください。

登録期間中の演題の削除(取下げ)は、編集画面の削除ボタンから行ってください。

Ⅸ. 演題の受領通知および採否通知

1. 受領通知

演題受領の確認は、演題登録完了後、抄録登録通知が演題登録時に入力されたE-mailアドレス宛に配信されますので、必ずご確認ください。「確認・修正・削除」画面にて、登録番号及びパスワードを入力いただきますと、ご確認いただけます。(郵送文書でのご案内はいたしません。)

2. 採否通知

演題登録の最終画面に登録番号が表示されなかったり、登録完了より1日経過しても受領通知メールがお手元に届かない場合は、登録が完了していない可能性があります。その場合は、必ず運営準備室(info@soushin16.com)までご連絡ください。
登録演題の採否通知は、ご登録のメールアドレス宛に12月中旬頃お送りいたします。

Ⅹ. 演題登録

※ 太字、イタリック、アンダーライン、上付き文字(例:Na+)や下付き文字(例:H2O)については、抄録入力欄上部にあります編集パレットボタンを使用してください。

演題登録方法に関するお問い合わせ
下記までメールでお問い合わせください。
E-mail:info@g-ings.com